用語集

スイングアーク

解説

スイングアークとは、スイングした際にクラブヘッドが描く円弧のことです。

スイングアークが大きいほど、ヘッドスピードが上がり、飛距離が伸びやすくなります。

しかし、スイングアークが大きくなると、スイングが不安定になり、方向性が悪くなるというデメリットもあります。

スイングアークを大きくするには、以下のポイントを押さえておくとよいでしょう。

・ テイクバックでクラブを大きく上げるようにする。

・ ダウンスイングでクラブを大きく振り下ろすようにする。

・ インパクトでクラブを大きく振るようにする。

スイングアークを大きくするためには、体幹や筋力を鍛えることも大切です。

スイングアークは、ゴルフの飛距離を伸ばすために重要な要素です。

スイングアークを大きくすることで、飛距離アップにつながります。

ただし、スイングアークが大きくなると、スイングが不安定になるというデメリットもあるため、注意が必要です。