用語集

ブラッシー

解説

ブラッシー(Brass)とは、ゴルフクラブのひとつです。フェアウェイウッドの一種で、ロングアイアンに似た形状をしています。ブラッシーは、フェアウェイからグリーンまでの距離が中距離(150~200ヤード)のショットを打つために使用します。

ブラッシーは、フェアウェイウッドよりもヘッドが小さく、ソール(クラブの底面)が広いため、ロングアイアンよりもボールを打ち上げやすく、飛距離を出すことができます。また、ロングアイアンよりもフェースが開いているため、ボールを打ち出しやすく、コントロールしやすいクラブです。

ブラッシーは、フェアウェイからグリーンを狙うときに使用すると効果的です。また、池やバンカーなどの障害物があるホールでも、ボールを打ち上げ、障害物を越えることができるため、スコアをまとめることができます。

ブラッシーを打つときは、次の点に注意しましょう。

ボールをスタンスの真ん中に置く。

クラブをグリップするときは、しっかりと握りすぎないように注意する。

スイングするときは、クラブをゆっくりと振り上げ、ボールを打ち出す。

ボールを打ち出すときは、ボールの中心を狙う。

ブラッシーは、使いこなすのが難しいクラブですが、練習を積み重ねることで、効果的に使用することができます。