用語集

バント

解説

バントとは、ゴルフ用語で、ボールを大きく飛ばさずに、グリーンに寄せるためのショットです。

バントショットは、ボールにほとんどスピンをかけて打たないため、ボールが転がりながらグリーンに寄ります。また、ボールを大きく飛ばさないため、周囲の障害物に当たるリスクを減らすことができます。

バントショットは、ラフやバンカーから打つ際にも使用されます。ラフやバンカーからボールを大きく飛ばすには、ボールを持ち上げることが必要になりますが、バントショットであれば、ボールを持ち上げることなく、グリーンに寄せることができます。

バントショットを打つためには、ボールをしっかりとコントロールすることが重要です。また、ボールにほとんどスピンをかけて打つため、ボールが転がる軌道をイメージすることも重要です。

バントショットは、ゴルフのスコアアップにつながる重要なショットです。バントショットをマスターして、グリーンに寄せる確率を高めましょう。

以下に、バントショットを打つためのポイントをまとめます。

ボールをしっかりとコントロールする

ボールにほとんどスピンをかけて打つ

ボールが転がる軌道をイメージする