用語集

パッテインググリーン

解説

パッティンググリーンとは、ゴルフコースの各ホールの最終地点に設けられたグリーンです。パッティンググリーンは、ボールをカップに入れるために使用されます。

パッティンググリーンは、芝が短く、滑らかに刈られています。このため、ボールはまっすぐに転がりやすく、カップに入れやすくなっています。

パッティンググリーンのサイズは、ホールによって異なります。しかし、一般的には直径10メートル、長さ30メートル程度です。

パッティンググリーンは、ゴルフのスコアを大きく左右する場所です。そのため、パッティンググリーンでボールをカップに入れることができるかどうかが、スコアを大きく左右します。

パッティンググリーンでボールをカップに入れるためには、正確なパッティング技術が必要です。また、グリーンの状態やボールの位置、カップの位置をよく観察することも重要です。