用語集

バックスウィング

解説

バックスウィングとは、ゴルフスイングの最初の動きです。クラブを後方に引く動作で、スイングの方向性を決める重要な部分です。

バックスウィングを行う際は、次の点に注意しましょう。

肩を回す。

腰を回す。

背中を伸ばす。

頭を動かさない。

手首を曲げない。

肩と腰を大きく回すことで、クラブヘッドに大きなスピードを加えます。また、背中を伸ばすことで、スイングに余裕を持たせることができます。頭を動かさないことも重要です。頭を動かすと、スイング軌道が乱れてしまいます。手首を曲げることも避けましょう。手首を曲げると、打ち出し角が低くなり、飛距離が落ちてしまいます。

バックスウィングは、練習を積み重ねることで上達します。正しいバックスウィングを身につけることで、より良いショットを打つことができるようになります。

以下に、バックスウィングを行う際の注意点を詳しく説明します。

肩を回す

バックスウィングを行う際は、肩を大きく回すことが重要です。肩を大きく回すことで、クラブヘッドに大きなスピードを加えることができます。また、肩を回すことで、スイング軌道が安定します。

腰を回す

バックスウィングを行う際は、腰を大きく回すことも重要です。腰を大きく回すことで、肩をより大きく回すことができます。また、腰を回すことで、スイングに余裕を持たせることができます。

背中を伸ばす

バックスウィングを行う際は、背中を伸ばすことが重要です。背中を伸ばすことで、スイングに余裕を持たせることができます。また、背中を伸ばすことで、スイング軌道が安定します。

頭を動かさない

バックスウィングを行う際は、頭を動かさないことが重要です。頭を動かすと、スイング軌道が乱れてしまいます。頭を動かさないためには、目線を固定することが重要です。

手首を曲げない

バックスウィングを行う際は、手首を曲げないことが重要です。手首を曲げると、打ち出し角が低くなり、飛距離が落ちてしまいます。手首を曲がらないようにするには、グリップを強く握りすぎないことが重要です。