用語集

バナナボール

解説

バナナボールとは、ゴルフで打ったボールが右から左へ大きく曲がるボールのことです。バナナボールは、スライスとも呼ばれます。バナナボールが打たれる原因はいくつかありますが、最も一般的な原因は、スイングの軌道がアウトサイド・インであることです。アウトサイド・インとは、クラブを下から上に振る際に、クラブヘッドが体の外側から内側に動くことです。アウトサイド・インに振ると、ボールに左へのスピンがかかり、バナナボールになります。

バナナボールを打たないようにするには、スイングの軌道をインサイド・アウトにする必要があります。インサイド・アウトとは、クラブを下から上に振る際に、クラブヘッドが体の内側から外側に動くことです。インサイド・アウトに振ると、ボールに右へのスピンがかかり、バナナボールを打たれにくくなります。

バナナボールを打たないようにするには、スイングの練習が大切です。また、自分のスイングを動画で撮影して、スイングの軌道を確認することも効果的です。