用語集

バフィー

解説

4番ウッドの別名です。ウッドクラブには、ドライバー、ブラッシー、スプーン、クリークなどがありますが、バフィーは、その中で4番目に番手が大きいクラブです。

バフィーのロフト角は、一般的に17度程度あり、ドライバーの10度程度と比べて大きくなっています。そのため、ボールは高く上がり、飛距離も出やすくなります。

バフィーは、ティーショットに続いて、フェアウェイからグリーンに近づけるためのショットに使用されます。また、ラフやバンカーからショットを打つ際にも、バフィーを使用することがあります。

バフィーは、ドライバーやスプーンよりもボールコントロールがしやすく、セカンド、サードショットで利用されることが多いウッドクラブです。

以下に、バフィーの特徴をまとめます。

ウッドクラブの中で4番目に番手が大きい

ロフト角が大きく、ボールが高く上がり、飛距離も出やすい

ティーショットに続いて、フェアウェイからグリーンに近づけるためのショットに使用される

ラフやバンカーからショットを打つ際にも使用される

バフィーは、ゴルフのプレーにおいて、重要な役割を果たすウッドクラブです。